食欲がないときに食べたい食材が夏野菜

食欲がないときに食べたい食材が夏野菜

暑い夏は食欲が低下して、そうめんやソバのようなさっぱりしたものばかり食べていませんか。冷たいものばかり食べているとお腹を冷やしてしまい、食欲不振の原因になります。

 

また、そうめんなど単品メニューばかりだと栄養も偏ります。食欲がないときに食べたい食材が夏野菜です。夏野菜には暑さに対抗する力をつける栄養素や、不足するビタミンが豊富に含まれています。夏の日差しを遮るためにゴーヤで緑のカーテンを作っている方もいるのではないでしょうか。

 

ゴーヤにはビタミンCが豊富に含まれています。ビタミンCは抗酸化作用やコラーゲンの生成を促す働きがあり、夏の強い紫外線から肌を守ってくれます。ビタミンCは熱に弱い性質がありますが、ゴーヤのビタミンCは熱でも壊れにくいです。苦みは食欲増進に役立ちます。キュウリやトマトには、汗で失われる水分を補う働きがあります。1年中スーパーに売られていますが、キュウリやトマトの旬は夏です。キュウリは90%が水分です。

 

汗でミネラルが失われるのでミネラルも一緒に摂取しましょう。水分を飲み水で補給することもできますが、日本の水は軟水が多いので水ではミネラルが不足しがいです。一方、キュウリやトマトには汗で失われやすいカリウムが含まれています。トマトはリコピンも豊富です。リコピンには抗酸化作用があり、紫外線から肌を守ってくれます。トマトのリコピンは油と一緒に加熱すると吸収がよくなります。特にオリーブオイルとの相性がよいです。

 

夏バテにはモロヘイヤがおすすめです。モロヘイヤは王様の野菜と呼ばれています。さまざまな治療をしても治らない病にかかった王様が、モロヘイヤを刻んだスープを食べて病が治ったことから、こう呼ばれています。モロヘイヤにはビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンC、カロテン、鉄分などの栄養素が含まれています。野菜の中でも抜群に栄養価が高いです。粘りはムチンという成分で、胃粘膜を保護します。細かく刻むと粘りが強くでます。