ストレスや緊張を感じると汗腺の働きは活発になるのでためないように

ストレスや緊張を感じると汗腺の働きは活発になるのでためないように

汗を分泌する汗腺は二つあります。全身にあるエクリン汗腺から出る汗は99%が水で、残りの1%が塩分、尿素、アンモニア、二ねらるなどです。無色透明で体温調整や皮膚の乾燥予防などの働きがあります。

 

もう一つのアポクリン汗腺から出る汗は、脂肪、タンパク質、糖質、鉄分、アンモニアなどで物質を含み、細菌によって分解されたときに独特の臭いを発します。脇の下、乳輪部、へそ周り、陰部周辺などに多くあります。かいた汗が臭わないようにするためには、食生活の改善が必要です。肉などの脂っこいものは控え、野菜、魚、海藻、大豆類などを多く食べるようにします。

 

ストレスや緊張を感じると汗腺の働きは活発になります。ストレスはためないようにしましょう。

 

また、夏場にエアコンの効いた部屋にいると、汗をかかない生活を送ることになります。こうした生活を続けているとベタつく汗をかき、雑菌が繁殖しやすくなります。スポーツをしたり、湯船につかるなどして汗をかくようにすることが大事です。また、体内の水分が不足していると、汗の成分が濃くなり、臭いもきつくなりがちです。しっかり水分補給しましょう。

 

衣服は通気性のあるものを着るようにします。脇汗パッドやデオドラント効果のある消臭インナーを使うと効果があります。

 

臭いのもとは汗なので、汗が出ないようにすれば臭いが発生することはありません。制汗剤にはスプレー、ロールオン、ローション、シートタイプなどがあります。

 

汗による臭いを抑える効果が高いのはミョウバン水です。500m?のペットボトルに水道水を入れ、ミョウバン15gを入れて蓋をして振って溶かします。2〜3日置いて白い濁りが透明になったら完成です。スプレーボトルなどに入れかえて使います。肌に触れるものなのでできれば1ヶ月程度で使い切るようにしましょう。

 

足の臭いには重曹も効果があります。洗面器に重曹大匙2〜3杯を入れて足湯するだけです。重曹の弱アルカリ性が、嫌な臭いのもとである酸性のイソ吉草酸を中和してくれます。